有料老人ホームの選び方


有料老人ホームの選び方トップ >  住居型有料老人ホームとは
promo-short
promo-long
promo-first-time

住居型有料老人ホームとは

住居型有料老人ホームとは、高年齢者向けの施設で、 食事などのサービスがついている所です。 もし介護が必要になった場合には、訪問介護などのサービスを 利用することが可能です。 60歳を過ぎていれば、住居型有料老人ホームは どなたでも入居することが出来ます。 自立している方はもちろんのこと、要介護や要支援の方も 入居生活を送る事が出来るのです。 住居型有料老人ホームは、自分らしい生活を今までのように 送りたいと考えている方にピッタリな施設です。 束縛されるのが苦手だし、外出や外泊も自由にしたい、という方なども 普段と変わらない生活を送ることができるはずです。 ペットを飼っているという方にもお勧めで、 住居型有料老人ホームは、ペットと同居することが可能な施設も 用意されています。ホームに入るからとペットを手放して 悲しい思いをする必要はないのです。 今までと同じように、安心してペットとの生活を送る事が出来ます。 犬や猫、小鳥などと同居生活を大切に考えている方にとっては、 住居型有料老人ホームをお勧めします。 全ての施設でペットと同居が可能なわけではありませんので、 入居を決める際には確認をとりましょう。 このように自由で快適な空間である、住居型有料老人ホームは、 介護が将来必要になったり、突然の体調悪化などの場合にも、 全室に設置されているインターホンで、早急な対応を受けることができます。 24時間体制でスタッフが隣地に常駐していますから、尚安心ですね。 住居型有料老人ホームは、マンション型が多く1LDK?3LDKの 広さが多く、セキュリティーも万全になっています。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2009 有料老人ホームの選び方 All Rights Reserved.