有料老人ホームの選び方


有料老人ホームの選び方トップ >  有料老人ホームでの介護とは
promo-short
promo-long
promo-first-time

有料老人ホームでの介護とは

有料老人ホームで実施している介護には、色々な種類があります。 有料老人ホームで介護保険のサービスが受けられる方は、 市町村から認定されているという条件が必要です。 介護保険サービスの認定区分が改正となり、 平成18年に以前までの6段階から7段階に変更されました。 要支援1.2は、排泄や食事などの生活行為は可能ですが、 何らかの支援が必要だという方が認定されていますが、 要介護にならないための要介護予防が重視されていて、 新予防給付サービスを受けることが出来ます。 要介護は1?5までの段階があり、介護給付サービスをそれぞれ 受けることが可能です。有料老人ホームでは、要介護1?5だと 認定された方だけが、介護を受ける事が出来ます。 介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、介護療養型医療施設 などが対象とされています。 介護保険と介護サービスは深い関わり合いがあります。 支援を受けられる範囲がそれぞれに定められていますから、注意が必要です。 在宅サービスや施設サービスなど、要介護度によって 利用できるサービスが異なることを覚えておきましょう。 介護サービスを有料老人ホームで受ける場合には、 洗濯や掃除、買い物の代行やイベントなども、 食事や排せつ物介助の他に行われています。 その他のさまざまなサービスについては、 施設の資料や見学をする際に、きちんと確認しておきましょう。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2009 有料老人ホームの選び方 All Rights Reserved.