有料老人ホームの選び方


有料老人ホームの選び方トップ >  介護付有料老人ホームについて
promo-short
promo-long
promo-first-time

介護付有料老人ホームについて

介護付有料老人ホームというのは、一定のして基準を満たさなければ、 認められていない施設です。民間の事業者が運営している事が多い 介護付有料老人ホームは、開設する際に各都道府県に申請をしなければなりません。 介護付有料老人ホームは、高年齢者を10人以上入居させる必要があり、 食事屋介護などを提供することを目的とした施設で、 老人福祉施設ではありません。入居者が日常生活を送りながら、 施設が提供する介護サービスを提供するのが、介護付有料老人ホームです。 介護付有料老人ホームは、生活指導員が一人以上いて、 看護職員や介護職員が、介護者の人数に対して1/3以上いなければなりません。 この基準を満たしていない場合は、介護付有料老人ホームと呼べません。 有料老人ホームのほとんどが、介護付有料老人ホームと言われてるのですが、 民間事業者が運営することを許可されてから、 悪質な業者や施設も多くなってきていますので、 入居を考える際には、しっかりとした知識と情報を得て、 慎重な施設選びをすることが大切です。 介護保険制度が開始され、介護保険で定められた介護サービスを 受けた場合には、介護保険で賄うことが出来るので、 費用の面ではだいぶ楽になったと言えるでしょう。 介護付有料老人ホームでの介護保険の使用は、 特定施設入居者生活介護の指定を受けている事業者だけです。 広告やパンフレットなど、施設の情報に明記されているかどうか 事前にチェックすることが大切です。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2009 有料老人ホームの選び方 All Rights Reserved.