有料老人ホームの選び方


有料老人ホームの選び方トップ >  入居後の退去理由について
promo-short
promo-long
promo-first-time

入居後の退去理由について

数ある有料老人ホームの中から、自分に合った施設をを選択することは、 今後の生活をより楽しくするために、とても重要なことです。 入居後に後悔しないためにも、有料老人ホームを選ぶ際には、 慎重にチェックして選ぶことが大切です。 やむを得ず、有料老人ホームに入居した後に、 退去を選ぶ方も中にはいるようで、退去理由を知っておけば、 有料老人ホームを選択する際に、参考になるでしょう。 有料老人ホームの退去理由でもっとも多く挙げられるのは、 サービスへの不満や、健康上の問題です。 入居する前から持病を抱えているという方が、有料老人ホームに 入居されることも多くいらっしゃいます。 サービスへの不満で退去される方の場合は、 有料老人ホームに入居してから、自分の持っていたイメージと 違っていたということが多いようです。 有料老人ホームでは、介護サービスは提供してくれるのですが、 何でもしてくれるわけではなく、入居者一人に対して、 スタッフが一人つくわけではありません。 介護サービスを行える範囲も定められていますから、 入居者の要求をなんでも受け入れてくれるわけではありません。 その点を勘違いしたまま入居すると、 その状態が満足できなくなってしまい、退居する方がいるようです。 また、健康上の問題で退去した方の場合は、入居後に病気になってしまい、 長期入院になったり、大きな病気ではなくても老化によって、 医療行為が必要になったことが挙げられます。 また、持病が悪化してしまい、医療行為が必要になることもあるようです。 有料老人ホームでは、介護サービスを提供することが出来ますが、 医療行為を行うことは出来ません。 入院が長期間にわたる場合には、退去をせざるを得ないのです。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 有料老人ホームの選び方 All Rights Reserved.