有料老人ホームの選び方


有料老人ホームの選び方トップ >  住居型老人ホームの費用とは
promo-short
promo-long
promo-first-time

住居型老人ホームの費用とは

住居型有料老人ホームは、総合福祉施設となっていることが多く、 介護付有料老人ホームや介護サービスセンター、 食堂や大浴場、理美容室や歯科、医務室なども完備されていて、 入居者が自由で快適な生活を送ることが出来るように、考えられています。 住居型有料老人ホームのサービス提供としては、 買い物の代行や、ゴミの回収などから、通院や入院時の付き添いなども 行われています。指定の病院であれば、歯科検診や定期健診も 無料で診察を受けることが可能です。 住居型有料老人ホームは、60歳を越えた方であれば、 どなたでも入居することが出来る施設です。 入居する際に支払う入居一時金が必要で、価格は様々です。 約2,750万円?3,850万円と言われていて、1戸に3名まで入居可能です。 もし途中で退去された場合にも、入居金返還制度というものがあり、 入居していた年数に応じて返還金が支払われています。 入居一時金とは別に、住居型有料老人ホームで生活するためにかかる 毎月の利用料は、食事と管理費を合わせて約190,000円と考えられます。 管理費は123,000円なのですが、2人目以降の金額は42,000円になりますし、 食費は1日3食を30日間の計算で金額が出されています。 この中に光熱費やその他の物品などの費用は含まれていませんから、 190,000円の他にも、費用がかかるということを頭に入れておきましょう。 自由な生活と自由な時間を有効に使える住居型有料老人ホームは、 施設のスタッフによって管理体制も万全ですから、 体調が悪くなった際などにも、安心出来る生活を送ることができるでしょう。 引っ越し料金
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 有料老人ホームの選び方 All Rights Reserved.