有料老人ホームの選び方


有料老人ホームの選び方トップ >  有料老人ホームでの人員配置
promo-short
promo-long
promo-first-time

有料老人ホームでの人員配置

有料老人ホームに入居するには、高額な費用がかかります。 ですからお金持ちが利用する施設というイメージがありますが、 介護保険法が改正になり、介護保険が適用されていますから、 以前よりは入居しやすくなった為、入居する方々も増えています。 日常生活の手助けや、介護サービスを行っているのが有料老人ホームです。 施設内の人員配置などに関する基準も、法律で決められています。 生活相談員が100人に対して、有料老人ホームの場合は1人以上が必要で、 常勤者が少なくても1名以上いなければならないのです。 また、要支援の利用者10人に対して、介護職員や看護職員が1人は必要で、 要介護の利用者3人に対しては、介護職員や看護職員が1人は必要になり、 そのうちの1人は常勤者であるという条件があります。 有料老人ホームには、他にも作業療法士や理学療法士、言語聴覚士や、 按摩マッサージ指圧師などの機能訓練指導員が、 1人以上いることが条件で、自分でなるべく日常生活を 送ることが出来るように、訓練することが出来るようになっています。 有料老人ホームの生活ケアプランを作成しているケアマネージャーは、 利用者100人に対して1人以上必要だと定められていています。 有料老人ホームでの生活を送るうえで、それぞれの入居者に合った ケアプラン作成は、とても重要なのです。 有料老人ホームを管理するための、常勤管理者も配置されていて、 管理上の支障がないのであれば、他の業務と兼務が認められています。 有料老人ホームの人員配置というのは、 重要事項説明書や運営規定に、必ず分りやすく記載されています。 入居をする前に確認をしておきましょう。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 有料老人ホームの選び方 All Rights Reserved.