有料老人ホームの選び方


有料老人ホームの選び方トップ >  それぞれの有料老人ホームの特徴
promo-short
promo-long
promo-first-time

それぞれの有料老人ホームの特徴


全国に4,500件以上あると言われている有料老人ホームの半数は、
首都圏に集中しているようです。有料老人ホームは、その施設によって
異なった特徴を持っていて、医療ケアに特化したホームや、
自立に特化したホーム、ユニットケアに特化したホームなどの
特徴を大切にしながら運営されています。

有料老人ホームは、件数が多くなってきたことから、
競争率も高くなっているようで、入居者とその家族の方々が、
安心して満足が出来るようなサービスを提供しようと、
日々努力をしているようです。
入居する方の体調や、介護などの状況に応じて選択しやすいように、
有料老人ホームは、提供するサービスによって分類されているのです。

有料老人ホームは、一般的に介護付有料老人ホームになっていて、
介護サービスが提供されていますから、比較的入居がしやすいという
特徴があります。

また、混合型の介護付有料老人ホームは、
どなたでも入居することが可能で、要介護や要支援の方はもちろん、
自立している方なども施設を利用することが可能で、
掃除や食事などの生活面でのサービスや、介護サービスも受ける事が出来ます。
入居後に、介護が必要な状態になった場合でも、
そのまま継続して施設で生活が出来るので、困ることはないでしょう。

住宅型有料老人ホームは、要介護の方にはあまり向いていない施設です。
介護サービスを受ける場合には、訪問介護などを個別に契約しなければ
ならないからです。

健康型有料老人ホームは、要支援や要介護の方よりも優先的に、
自立した方が入居できる施設になっています。
入居する方の状態に合った有料老人ホームの特徴を選択し、
これからの生活を充実したものにしていきましょう。

介護老人保健施設・介護老人福祉施設の看護師求人情報・看護師の役割・仕事内容

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 有料老人ホームの選び方 All Rights Reserved.