有料老人ホームの選び方


有料老人ホームの選び方トップ >  住居型老人ホームとは
promo-short
promo-long
promo-first-time

住居型老人ホームとは

常時10人以上の高齢者の入居があり、食事などの日常生活に 必要な便宜を供与することを目的とした施設が、有料老人ホームです。 老人福祉施設などではなく、民間事業所による経営がほとんどです。 では住居型有料老人ホームの定義はというと、 食事サービスがついた、有料の高年齢者向けの住宅です。 住居型有料老人ホームは、介護サービスは提供しないということに なっていますから、介護を必要とする場合には、入居する方の希望によって、 地域の訪問介護事業所などの介護サービスを利用することが可能です。 住居型有料老人ホームでは、地域の介護サービスを利用しながら、 ホーム内で安心した生活を送る事が出来ます。 住居型有料老人ホームへの入居を考えているという場合は、 必ずその施設のパンフレットや重要事項説明書を取り寄せて、 充分に確認してみてはいかがでしょうか。 中には有料老人ホームの定義に当てはまらず、 届け出を提出していない施設もありますから、 正しく詳しい情報を得ることが大切です。 住居型有料老人ホームは、自宅にいるような自由な生活を 送りたいと考えている方にお勧めの施設です。 外出や外泊も自由ですから、普段の生活と変わらない日常を送ることができます。 また、マンション型の住居型有料老人ホームは、 セキュリティーもしっかりしていますから、安心できるでしょう。 もし急に体調が悪くなってしまった場合には、 24時間体制のスタッフが常駐していますから、 すぐに様子を見てもらえるのも魅力です。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2009 有料老人ホームの選び方 All Rights Reserved.