有料老人ホームの選び方


有料老人ホームの選び方トップ >  有料老人ホームの人員基準
promo-short
promo-long
promo-first-time

有料老人ホームの人員基準

老人福祉法に規定されている高齢者施設が、有料老人ホームです。 1人以上の高齢者の入居があり、日々の生活でのお手伝いを 行うための施設で、老人福祉施設以外の施設のことを言います。 有料老人ホームに対しての法改正が、2006年ありました。 それにより10名以上の人員基準というものが撤廃されています。 介護保険が2000年に施行され、 民間事業者が経営している設立が増加しています。 全国では現在、2,000施設以上の有料老人ホームがあるようです。 急速に増加している有料老人ホームですが、 費用や介護サービスについて苦情も増えているようで、 広告の規制や、クーリングオフなども可能になってきました。 また、健康型、介護型、住宅型という3種類の介護サービスの違いが 分類されるようになり、入居条件や介護サービスの提供方法などが それぞれ異なっているので、選択しやすくなったようです。 費用にもかなりの違いがありますから、自分の予算や条件に合った 有料老人ホームが探しやすくなりました。 ケアスタッフの人数にも差があり、特に介護サービスがあるか 無いかによって、変わってくるようです。 もし希望の有料老人ホームを見つけた際には、 パンフレットなどの重要事項説明書を細かいところまで確認し、 不明な点があれば質問してみましょう。 介護付有料老人ホームでも、介護ケアによって職員の基準人員が 異なっていますから、入居する方の介護の状態や、 身体の具合によって、配置人員を参考にしながら施設を選択するように 心がけるといいでしょう。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2009 有料老人ホームの選び方 All Rights Reserved.