有料老人ホームの選び方


有料老人ホームの選び方トップ >  生活保護と有料老人ホーム
promo-short
promo-long
promo-first-time

生活保護と有料老人ホーム

有料老人ホームに入居する際には、高額な費用が必要になります。 入居一時金や、月々にも費用がかかります。 有料老人ホームに入りたいと希望していても、 高額な費用がかかる為、入れないという高齢者も増加しています。 有料老人ホームに入れないまま、行き場を失った高齢者の為に、 施設があることをご存じでしょうか。 月々にかかる費用が10万円前後で、生活保護を受けながら 入居することが可能な、格安有料老人ホームが最近増えているようです。 この有料老人ホームは、生活保護を受けながら入居することが出来、 特に長期入院が多くて介護が必要だ、という高齢者の方の 受け皿にもなっているのです。多くの格安な有料老人ホームに入居している 方は、病院や自宅で行き場をなくしてしまった方で、 自治体からの紹介で、施設に入居しているようです。 自治体からの紹介で入居してくる方が多いので、 施設自体の特別な営業活動をしなくてもいいことが、 経費を抑えた有料老人ホームの運営に繋がっているようです。 介護職員は常駐せずに、必要な時だけの訪問介護などを採用し、 安い経費に抑えているようです。 また、高齢者向けの介護付賃貸住宅も増加していて、 訪問診療や訪問介護などを受ける事が可能になっています。 生活保護を受けながらも、安心して生活していける場所が あるということは、高齢者にとって何よりの心の支えになるでしょう。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2009 有料老人ホームの選び方 All Rights Reserved.