有料老人ホームの選び方


有料老人ホームの選び方トップ >  有料老人ホームを選ぶ
promo-short
promo-long
promo-first-time

有料老人ホームを選ぶ

2000年にはじまった介護保険制度によって、 有料老人ホームに入居する際には、介護保険から給付が行われます。 このために、以前よりは入居しやすくなってきているようです。 民間事業者によって、ほとんどの有料老人ホームの運営が行われています。 施設によって、料金やサービス内容などに違いがありますから、 入居する際には、予算や入居する方の希望や状況などを考慮して、 有料老人ホームを選ぶようにしましょう。 まず何のために有料老人ホームに入居するか、ということを 明確にしておくといいでしょう。一人暮らしへの不安や、 将来介護が必要になった場合を考えて入居する、 趣味が同じ仲間を得て楽しく会話をしたい、など様々な理由が挙げられます。 有料老人ホームは3つのパターンに分類されていますから、 入居する方がどのような目的で入居するか、ということを一番に考えて、 選択するといいでしょう。 選ぶ際には、費用やサービスなどはもちろん重要なのですが、 規模の大きさや、建物の立地条件、設備や個室などの生活環境が きちんと整っているかどうか、すぐ入居はできるのか、 あるいはいつ頃だったら入居が可能か、などを確認することが重要です。 毎日の食事はどのようなメニューが出るのか、 自炊は出来るのかどうか、介護体制や医療体制がどのように行われているか、 病院などの医療施設が近くにあるかどうかなども重要なポイントです。 その有料老人ホームによって、かなりの違いがありますから、 体験入居なども行いながら、あせらず決めていきましょう。 都道府県知事に届け出を出して、高齢者に食事を提供したり、 日常生活での手助けをするという施設を、有料老人ホームと言います。 有料老人ホームには、常時高齢者が10人は入所しているという必要があり、 老人福祉施設ではないのに、老人福祉法が適用されています。 平成14年10月から、介護サービスの提供方法が変わり、 有料老人ホームは3つに分けられるようになりました。 1.介護型有料老人ホーム 2.住居型有料老人ホーム 3.健康型有料老人ホーム です。 有料老人ホームは、この3パターンに分けられていて、 サービスの提供や入居条件、介護保険の適用などにも違いがみられます。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2009 有料老人ホームの選び方 All Rights Reserved.