有料老人ホームの選び方


有料老人ホームの選び方トップ >  有料老人ホームを利用する際の医療費控除
promo-short
promo-long
promo-first-time

有料老人ホームを利用する際の医療費控除

常に10人以上の高齢者が入居をしていて、食事や日常生活の 手助けなどのサービスを提供する施設を、有料老人ホームと呼んでいます。 これは民間事業者が運営している場合が多く、 日常生活を普通に送ることが出来る方も、 介護が必要な方も多くが利用している施設です。 また、主に福祉行為が行われている為に、 医療費控除の対象にならないものがほとんどなのですが、 もし医療行為が行われて費用が発生した際には、 医療費控除対象と請求書に明記しておくことが 義務づけられているということを、覚えておいた方がいいでしょう。 有料老人ホームで、介護保険サービスを受けた場合には、 医療費控除対象になることもあるようです。 食費や介護費などの施設サービス費として支払った料金が、 医療費控除の対象となる場合もあるようなので、 金額の詳細などを、自分で明記しておくといいでしょう。 確定申告をする際には、有料老人ホームの事業所の判がある 領収書が必要となるようなので、貰うようにしましょう。 有料老人ホームでの日常生活費は、医療費控除の対象額には ならないのですが、介護保険給付の対象となっている おむつ代などが、医療費控除の対象になります。 高額介護サービス費が、払い戻されている場合には、 医療費から高額介護サービス費を差し引いて、 医療費控除の金額を計算するといいでしょう。 他にも医療費控除の件で分らないことがあれば、 地区町村の税務課に電話をして、問い合わせてみるといいでしょう。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2009 有料老人ホームの選び方 All Rights Reserved.