有料老人ホームの選び方


有料老人ホームの選び方トップ >  住居型有料老人ホームの基準
promo-short
promo-long
promo-first-time

住居型有料老人ホームの基準

有料老人ホームは、健康型、介護型、住居型の3種類あり、 介護サービスの提供方法によっても2種類に分けられています。 住居型有料老人ホームは、食事や生活支援などの サービスを利用することが出来るホームで、 介護サービスが提供されていません。 住居型有料老人ホームは60歳以上の自立した 高齢者や要支援、要介護などの高齢者が入居対象者となります。 しかし、施設によって違いがあるようなので、 入居の際は確認が必要です。 住居型有料老人ホームで介護が必要になった場合は、 入居者の選択によって地域の訪問介護や 入浴サービスなどの介護サービスを利用しなくてはなりませんが、 ホームでの生活は継続出来ます。 他の有料老人ホームとは違い、施設が提供している 介護サービスではないため、外部の介護サービスが気に入らない場合は、 他の提供先に変更したりすることが出来るメリットがあります。 また介護サービスを利用した分だけの費用が 発生するといったメリットもあります。 しかし、訪問介護サービスを利用するには、 時間に限りがあることや、自宅で介護を受けているのと 変わらない状態になるというデメリットもあります。 要介護度が重度の場合は、費用の負担が増える可能性もあるので、 注意しましょう。 住居型有料老人ホームは、自由な生活を送りたい高齢者にとっては 良いホームですが、介護が必要になった時のことを 考えると心配な点も多くなります。
住居型有料老人ホーム
有料老人ホームでのトラブル
サイト情報

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2009 有料老人ホームの選び方 All Rights Reserved.